スポーツ

脇腹の痛みを治す方法は?食後の運動で横っ腹が痛い時の対処法!

投稿日:2018年7月18日 更新日:

 

こんにちは~パパドラゴンです!

 

食後すぐに運動したりすると、脇腹がすごく痛くなったりしますよね。

ご飯を食べて、もういいかな~と思って、ジョギングに行ったりするとアタタ・・・となった経験ありませんか?

 

けっこうきつい痛みだったりする・・・^^;

 

そんな時に痛みを和らげる良い方法を聞いたので、ちょっとご紹介します。

 


スポンサーリンク

なぜ痛くなる?

そもそも、食べてすぐ運動するとなぜ横腹がいたくなる?

 

それは胃や腸が『腹膜』とこすれるのが原因だそうです。

 

『腹膜』とはお腹の内蔵の表面を覆っている膜です。

食後には胃や腸が膨張するので、腹膜とこすれて激しい痛みになるそうなんです!

 

対処方法は?

一度痛くなったら、普通はしばらく動かずに痛みが収まるまで我慢するだけでしたね(笑)

実は簡単な動きで、かなり収まるそうです。

 

1.痛い方の手を上に挙げる

2.痛みがある側と反対側に上体を反らして、しばらく静止する。

 

イメージはこんな感じ^^

 

この簡単な動きで、こすれた腹膜が伸びるので、痛みが分散して和らぐそうですよ~

 

痛みの原因は諸説ある?

ちなみに、急に走りだした時に、横っ腹が痛くなる現象は、運動時側腹筋痛(サイドステッチ)というそうです。

この痛みについては諸説あって、原因ははっきりしていないみたいですね。

 

例えば、右わき腹の痛みは、肝臓などが揺れることで、横隔膜が引っ張られて痛むといわれています。

左わき腹が痛い場合は、「脾臓(ひぞう)」が関係してるとか・・・

激しい運動をすると、脾臓に負担がかかり、急激な収縮がおこるそうです。

それが痛みを伴うらしい?

 

ガス説というのもあります。

食後は消化活動によって、お腹の中にガスが発生します。

そのガスが内蔵を圧迫して痛みが起こるとのことですね。

 

”あ~横っ腹痛なってきたわ~”にも、色々あるんですね~(笑)

 


スポンサーリンク

まとめ

予防としては、運動前の1~2時間前にたくさん食べたりするのはやめておく、食べるなら消化の良いものがいいらしい^^

当たり前といえば当たり前ですが・・・

 

食べ物を消化吸収するために、たくさんの血液が必要になります。

運動する筋肉にも多量の血液が必要になるので、血液が足りなくなります。

そのために、腸がけいれんを起こして痛むこともあるそうですからね。

 

とりあえず、痛くなったら対処方法のストレッチ運動を試してみてください~^^

 


スポンサーリンク

他の記事もぜひ

-スポーツ

Copyright© ブログドラゴン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.