スポーツ

スキー・スロープスタイルのルールは?技がスゴイ!動画がみたい!

投稿日:2018年1月23日 更新日:

こんばんは~パパドラゴンです!

冬季オリンピックがもうすぐ開幕ですね~^^

韓国での開催なので、色々あるようですが(笑)

ネットをみていると、スキースロープスタイル山本泰成(やまもとたいせい)くん日本代表選出のニュースがでてました!

年齢16才!若いね~^^写真を見ると柔道とかやってそうな感じ?(ゴメンナサイ^^;

それより気になったのは、スロープスタイルってどんな競技でしたっけ??

オリンピック前にちょっと調べてみました~^^


スポンサーリンク

スロープスタイルとは?ルール・採点方法は?

早速、スロープスタイルで調べてみると、内容は・・・

コース内に設置されたジャンプアイテムやジブアイテム(レールやボックスなど)を使ってトリックを披露していく競技です。コース内に複数のアイテムが設置されていて、選手達は好きなアイテムを選びながら独自のラインでスタイルを表現していきます。
引用元:http://team-prove.com

あ~フリースタイルスキーになるのね~^^

フリースタイルというとスノーボードのイメージがパパドラゴンにはありましたが^^;

モーグルとは違ってコブ斜面は滑らないそうです。

では、ジブアイテムとはどんなん??

まずはジャンプ台です!20m前後!?プールかっ!空飛んでるやん!!

出典:http://team-prove.com

それからレール!!上に乗るだけならまだできそうか??

出典:http://team-prove.com

これがボックス!コレをどうすんねん!?


出典:http://monreveblog.blogspot.jp

TV観戦のためにルール・採点方法もざくっと紹介します^^

コースは大会によって大きく変わるため、現地で初めて大会の演技を組み立てます。
予選2本、決勝2本を滑ります。
一人ひとり順番にスタートして演技を行います。
2本中、良い得点1本を採用して全体の順位を決めます。
技の難易度・着地の綺麗さ・独創性でジャッジを行います。タイムは採点には入りません。
最近の主流はビデオジャッジで、各ジャンプやジブアイテムに取り付けられたカメラからの映像を審査員が見て採点します。
コース内に設置されたジャンプ台を飛ばなかったり、ジブアイテムを使わなかったりすると致命的な減点になります。
引用元:https://www.arc-c.jp

ちなみにスキーはツインチップという、両端が丸くて反っているものを使用するらしいですね!

出典:http://www.ilovesnow.jp

後ろ向きでも滑れるからか~納得!!

スゴイ技がいっぱい!!

これは動画をみてください!前出の山本泰成くんです!!

ちょっと奥さん!見ました!?空飛んでクルクルしたはるわ!!

こちらはもっとスゴイやつ!!世界でも数人しか決めていない「トリプルコーク」という技らしいです^^

Japanese skier, TAISEI Yamamoto landed triple cork 1620!! from Daisuke Shirakawa on Vimeo.

いったい何回回っとんねん!?

まとめ~やるより観るのがイイ?~

パパドラゴンはスキー派です・・がここ20年程やってません^^;

もちろんスノーボードはやったことありません(笑)

インラインスケートで手すりの上をソールグラインドしたことはあります^^

(コケて死ぬほどケツ打った^^;)

こういう滑る動きって、球技とかとはまた違う楽しさがあるんですよね~

しかし、フリースタイルスキーは次元が全く違うので、自分でやろうとは思わないです^^

やれば間違いなく死亡です^^;

この競技はTVで観て、おお!スゲ~でいいでしょう!!

平昌オリンピック日本代表をみんなで応援しましょう~^^

 


スポンサーリンク

他の記事もぜひ

-スポーツ

Copyright© ブログドラゴン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.