スポーツ

ロベルト・レバンドフスキの経歴・代表成績は?プレーの特徴に注目!

投稿日:2018年5月15日 更新日:

こんにちは~パパドラゴンです!

ワールドカップロシア2018大会特集です!!

今回は、ポーランド代表のエース ロベルト・レバンドフスキ選手に注目です^^

 

 

グループリーグ3戦目で日本代表が対戦します。

この選手を止めるのは絶対ムリ!!という声も聞こえてますが^^;

そんなレバンドフスキ選手の経歴・代表成績は?

プレースタイルの特徴は?

ちょっと調べてみましたので、簡単にご紹介します~^^

 

情報は2018年3月14日現在(変更になっている場合があります)


スポンサーリンク

ロベルト・レバンドフスキ選手の経歴・代表成績は?

Chemnitz - @fcbayern! #rl9

Robert Lewandowskiさん(@_rl9)がシェアした投稿 -

 

  • 生年月日 1988年8月21日
  • 身長/体重 185cm・79kg
  • 所属クラブ バイエルン(GER)
  • A代表成績(予選での成績) 91試合・51得点(10試合・16得点)

2006年 ポーランドのリーグでプロキャリアをスタート。

所属チームを3部から1部に昇格させる活躍をします。

3シーズン連続で得点王を獲得しました。

2010~14シーズンは ドイツ・ブンデスリーガ ドルトムントへ移籍してプレー。

得点王獲得、リーグ優勝も経験します。

2014-15シーズン 同じブンデスリーガのライバルチーム バイエルン・ミュンヘンに移籍。

こちらでもゴールを量産して、リーグ優勝に貢献するなど活躍を続けています。

 

ポーランド代表でのデビューは2008年です。

2016年の欧州選手権では予選から活躍して、チームのベスト8進出に貢献。

2017年には代表通算50得点で、ポーランド代表史上最多得点記録を更新しました。

今回のW杯欧州予選では16得点で欧州予選得点王になっています。

ポーランド代表を3大会ぶりのW杯へ導きました。

 

ロベルト・レバンドフスキ選手のプレースタイル・特徴は?

 

左右両足、頭とゴールパターンは多彩です。

足元の技術も高く、ポストプレーもこなす万能型FWの理想です。

高さ・強さ・巧さを揃えたペナルティエリアの王様といえる存在^^

厳重にマークされてもコンスタントに得点します。

 

レバンドフスキがゴールを量産できる理由は、ストライカーの完成度の高さだけではないです。

クロスに対して一歩でも相手DFより速く走り込んでいく!

味方のシュートのこぼれ球に素早く反応してスタートを切るなど、得点するためのプレーを繰り返し徹底的に続ける姿勢も大きな理由でしょう。

 

代表ではゲームメイカーの役割も担うオールラウンダーです。

現在のポーランド代表はレバンドフスキ選手のチームといえるぐらいの、代表チームの中心ですね。

 

レバンドフスキ選手のプレーを動画で確認する!

 

 


スポンサーリンク

まとめ~W杯得点王になれるか!?~

Details are important not only in football. #vistula #RLcollection #menstyle

Robert Lewandowskiさん(@_rl9)がシェアした投稿 -

 

98年以降、直前のシーズンでリーグ得点王になった選手がW杯得点王を獲得したのは・・・

2006年ドイツ代表クローゼ選手一人だけです^^;

あのメッシ選手やC・ロナウド選手でも果たしていませんね。

バイエルンでは出場試合数とほぼ同じ得点数を記録する活躍で、レバンドフスキ選手も3度目のブンデスリーガ得点王になりました。

良好なコンディションでロシアW杯を迎えますが、ポーランドで二人目のW杯得点王になれるのか?

今大会ベストFWの呼び声高いレバンドフスキ選手に要注目ですね!

 

ポーランド代表・選手について確認する

 

ポーランド代表の予選成績や中心選手は?システムやデータも確認!

ピオトル・ジエリンスキの経歴・代表成績は?プレーの特徴に注目!

カミル・グリクの経歴・代表成績は?プレースタイルの特徴は?

グループH(ロシアW杯)の試合日程は?放送局や開始時間はこちら!

ポーランドの美人すぎる審判カロリーナ・ボヤールさんに注目!

 


スポンサーリンク

他の記事もぜひ

-スポーツ
-

Copyright© ブログドラゴン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.