スポーツ

ケビン・デ・ブライネの経歴や代表成績!プレー特徴やパスに注目!

投稿日:2018年5月30日 更新日:

 

こんにちは~パパドラゴンです!

ワールドカップロシア2018大会特集です!!

今回は、ベルギー代表の攻撃的MF ケビン・デ・ブライネ選手に注目です^^

 

現代サッカーで、最高のパサーのデ・ブライネ選手!

その経歴・代表成績は?

プレースタイルの特徴は?

ちょっと調べてみましたので、簡単にご紹介します~^^

 

情報は2018年3月14日現在(変更になっている場合があります)


スポンサーリンク

ケビン・デ・ブライネ選手の経歴・代表成績は?

 

  • 生年月日 1991年6月28日
  • 身長/体重 181cm・68kg
  • 所属クラブ マンチェスター・シティ(ENG)
  • A代表成績(予選での成績) 58試合・13得点(7試合・0得点)

2008年 ベルギー ヘンクでトップリーグデビューして活躍。

2012年1月 チェルシーへ移籍。

2012年8月 ブンデス ヴェルダー・ブレーメンへのレンタル移籍して活躍。

2013年夏 チェルシーへ復帰。モウリーニョ監督の元、ポジションも合わずレギュラーに定着できなかった。

2014年1月 出場機会を求めて、ブンデスリーガ ボルフスブルクへ移籍。

14-15シーズン 主力として活躍。シーズン、10得点20アシストを記録。ドイツ年間最優秀選手賞を受賞。

15年夏 プレミアリーグ マンチェスター・シティへ、移籍金5500万ポンド(約103億円)の6年契約で移籍。

16-17シーズン 18アシストで最多アシスト数を記録。

17-18シーズン 16アシストで新設の『プレーメーカー賞』=アシスト王、PFA年間ベストイレブンを受賞。

ベルギー代表では、各年代で選出。

2010年8月フィンランド戦でA代表デビュー。

 

ケビン・デ・ブライネ選手のプレースタイル・特徴は?

細身ですが、ボディバランスが良いので激しいコンタクトにも強いです。

世界最高峰のキック精度・コントロールが武器

トップスピードでの正確なボールスキルも持っています。

利き足の右だけでなく、左足でも高精度のプレーができます。

戦術眼、空間把握能力が高く、ピンポイントで味方にだすスルーパス、高精度のクロスで魅せます!

強烈なミドルシュートも持ち味で、ゲームメイク、アシスト、フィニッシュのすべてに絡む攻撃の核ですね。

 

マンチェスター・Cではインサイド・ハーフで、高い頻度で攻撃に参加しますが、代表では1列低い位置でプレーします。

フィニッシュに絡む機会は少なくなりますが、チャンスを作る一つ前でのプロセスでも、変わらず存在感を発揮しています。

献身的な守備での貢献も大きく、代表のチームメイト エデン・アザール選手よりもバランスがとれた選手といえます。

 

ケビン・デ・ブライネ選手のプレーを動画で確認する!

シンプルな動きから、決定的なパスをだすところが特にカッコいいですよね~^^

 


スポンサーリンク

まとめ~バロンドールが獲れる?~

 

ベルギー代表の誇るビッグタレントの一人、デ・ブライネ選手!

ロナウド選手やメッシ選手に続く、世界一の選手になる可能性があるといわれてます。

マンチェスター・Cのグアルディオラ監督にも、バロンドールに挑戦できる選手と評価されていますね。

2大会連続のW杯出場のベルギー代表は、個人能力では十分優勝を狙えるチームです。

デ・ブライネ選手が世界最高の実力を見せて、更なる高みに登ることができるのか!?要注目です!!

 

代表・選手について確認する

エデン・アザールの経歴・代表成績!プレー特徴とドリブルに注目!

アルデルワイレルドの経歴・代表成績は?プレー特徴や守備に注目!

 


スポンサーリンク

他の記事もぜひ

-スポーツ
-,

Copyright© ブログドラゴン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.